<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
どこを経由しようと世界へ。
★2006FIFAワールドカップ ドイツ 日本代表メンバーに 土肥洋一選手選出のお知らせ

別バージョンがあったようだ…

a0025133_15185319.jpg
2006FIFAワールドカップ ドイツ 日本代表メンバーに 土肥洋一選手選出のお知らせ【追加】
[5/20(土)]

※赤字が追加部分となります。
日本サッカー協会より発表になりました2006FIFAワールドカップ ドイツ 日本代表メンバーに、FC東京所属の土肥洋一選手が選出されましたので、コメントと併せて下記のとおり、お知らせいたします。
なお土肥洋一選手は、17日(水)より国内合宿に入り、26日(金)にドイツに向け、出発いたします。

□土肥洋一選手(GK)コメント
『日本代表に選ばれて大変嬉しく思います。今まで支えてくれた家族、チームメイト、スタッフ、そしてファンの皆さんに感謝します。
選ばれたからには日本の代表として、誇りと自信を持って精一杯プレーしたいと思っています。
全ての試合に対し気持ちを込めて戦い、メンバーに選ばれなかった選手の分も頑張りたいと思います。』

なお、本日サポーター投票でFC東京所属の茂庭照幸選手が選出されましたので、コメントと併せて下記のとおり、お知らせいたします。

□茂庭照幸選手(DF)コメント
『サポーター投票により、日本代表に選出されて大変嬉しく思います。
投票という行事には力を発揮出来ずにいましたが、クラブの人気選手のバロメーターでもある特製フィギュア作成も決まり、やっぱおれかなと皆さんに感謝しています。


…とか書いてたらまたちょっと凹んできた。
覚悟はしてたけど、いざ決まってみると私までけっこう落ち込むものなんですね。

明日のことも分からない世界なんだから、4年後のことなんて何の保証もないと思う。
それでも。
「あの時落選したから今の自分があります」なんてカッコよく言ってる姿を今から想像して、これからのプレーを楽しみにしています。

改めて土肥ちゃんおめでとう。そして、加地くんも、おめでとう。
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-05-24 18:17 | football
ナビスコ予選第6節・福岡戦
a0025133_2131496.jpg
FC東京 0-0 アビスパ福岡(博多の森競技場)    
                 
勝ち点2、得点1、失点7… で終了。        
それでも。
a0025133_2205679.jpg

私もモニみたいにコラボレーションしてみました☆
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-05-23 22:11 | 青赤試合
ナビスコ予選第5節・浦和戦
a0025133_22555285.jpg
FC東京 0-0 浦和レッズ(味の素スタジアム)

お互いにとって勝ちでも負けでも“意味の無い”試合。平日の夜。降りしきる雨。
そのまま一睡もせずに、ブラウン管の向こうでは欧州一を決める試合。
青と赤のチームがカップを掲げる頃に空は明るくなっていて、このまま仕事に向かう現実。

世界中の人々を魅了するサッカーと、手に届く場所にあるため息のひとつでもつきたくなるサッカー。
でもその日常こそが、今の私が向き合いたいものなのだと。

福岡。俄然、血が騒いで来ました。
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-05-20 01:23 | 青赤試合
ナビスコ予選第4節・福岡戦
a0025133_1273045.jpg
a0025133_1421817.jpgFC東京 0-1 アビスパ福岡(味の素スタジアム)
'84 宮崎 光平

どうやらナビスコ杯は予選敗退のようじゃ!
それでも残り2試合行ってしまうのが悲しい性じゃな。

…こんな喋り方でいいんだっけ、目玉の親父。
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-05-16 01:46 | 青赤試合
第12節・大宮戦
a0025133_112128.jpg
FC東京 1-2 大宮アルディージャ(味の素スタジアム)
'8 ルーカス '77 冨田 大介 '89 小林 大悟

あれだけの攻撃の波に翻弄され続け、せめてこのまま試合終了の笛が鳴るまで耐えてほしい…
と恥も外聞もかなぐり捨てて願ってみても、ロスタイムのFKが決まってジ・エンド。
携帯電話には試合前に「今日もきれいな青空だなぁ」なんて思って撮った画像が一枚。
2日前の余韻に浸り過ぎ、前半で“栗鼠”を手なずけたつもりになってた自分の浅はかさ。

浮かれた気持ちを思い出せないぐらい、敗戦で心はささくれる。
それでもまた一週間後に同じ場所で見られるのは青空だと信じて疑わない。
この素晴らしき東京サッカーバカの頭の中。
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-05-07 02:55 | 青赤試合
第11節・甲府戦
a0025133_17184987.jpg
FC東京 3-1 ヴァンフォーレ甲府(小瀬スポーツ公園陸上競技場)
'62 川口 信男 '76 ルーカス '89 ルーカス '29 宇留野 純

盆地は舐めたらあかんぜよ。ということでお肌の曲がり角をとっくに越えているため化粧下地はSPFなんちゃらを選んで帽子も被って、と対策バッチリでしたが。
「Tシャツ一枚でも暑いね~まるで夏だね~」って浮かれてたら腕にTシャツの袖通りに境界線が!
…ありがちだよね~

そんな中で飲んだビールは最高。あれだけの行列に並んで買えたビールだからこそ、わざわざあの暑い中で飲むからこそ最高。いろいろなことを楽しむのがアウェーってもんでしょ。
とか書いておきながら私が飲んだビールは根気強く行列に並んだ友人が買ったものでしたけど。
はい、偉そうなことを書いてごめんなさい。

前半の失点後はビール半分(ごとき)でアタシ酔っちゃったかしら今晩は帰れなぁいっていうぐらい眠くなってしまいました。本当にG裏で立ちながら寝てたという不届き者の友人もいた。
いやいやいや、これはきっと“盆地対策体力温存サッカー”に違いない!と信じて後半。
最初の方こそ前半の勢いそのまま押し込まれるものの、ノブオさんゴールから流れがなんだか東京に来て、その勢いを逃さないままルーカスのヘッドときれいなシュート。

2点目にご満悦なルーカスは、自分の歌に合わせて楽しそうに踊るようにリズムを取ったり。
試合後のノブオさんは、ユニのエンブレムを引っ張り上げてこちらに見せながらその笑顔が眩しくて、こんな人を磐田は今までどこに隠してたんだ!と思ったり。
終わってみればこの日の快晴の空のように、爽快なアウェー初勝利でした。
うわっものすごく上手いまとめだ。
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-05-04 19:39 | 青赤試合