<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
川崎戦
a0025133_230225.jpgリードされている前半が終わって、「このままで終わるわけがない」と思うようにしました。
試合後にはヒロミの挨拶があって、いつか言っていたように本当に挨拶せずに帰られたら困っちゃうから(笑)
“最悪ドロー”であればそんな余裕も生まれるかなぁなんて思ったりもした自分に、選手たちは目を覚めさせるようにこちらへ向かって攻撃を繰り返す。
日に日に引き連れる人数の多くなるノリオのドリブル、狙った獲物は確実にゴールの中へ運ぶササのゴール、宮沢のもっともっと声援をくれ!という煽り、金沢のポストをかすめるシュート、そして試合終了の笛を聞いてピッチに崩れ落ちる選手たち。

今シーズンを振り返りながら、相手サポーターの反応に当意即妙に対応しながら、ホーム最終戦を締めた指揮官の挨拶。それに少し泣いてそして心から笑って、ホーム最終戦っていうのはなんだかいつもお決まりのように決まっちゃうんだよなぁなんてひねくれてみせたりする。

それでも。それはそれで何かを信じ続けてきた結果なのだ、と思う。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-11-30 01:05 | 青赤試合
単純明快な君が笑った
これぐらいの時期になると「今年も一年早かったなぁ」って、なんだか毎年言ってますね。
普通だったらそれはカレンダーの少ない残り枚数で感じたりするわけですが、年チケもあと一枚か…とかになる。
今年の戦いが終わるまで(一番長くて来年の初日まではあるわけですが)全て現地に行って見届けるつもりの私としては、まだシーズンは終わっちゃいないわけです。

でもチームは来年に向けて既に動き出しているもの。
その話が表に出る・出ないということは別にして、それはそうあってしかるべきこと。
そして最終的な決断を下すのはもちろんチーム・フロント。
そこには誰もが満足する形・答えがあるわけがない、と思う。
サポーター・ファンが持っているそれぞれの考えは多種多様だし、どうなるか分からない未来を今ここで決断するわけなのだから。
何をどういう風に決断したからと言って、確実で約束された未来が待っているわけではない。

私は東京の監督であるヒロミしか知りません。東京の監督になるって聞いて初めてその存在を知ったぐらい。
そういう私が思うのは、「なんかいろいろ楽しいなぁ」ってこと。
東京というチームの確固たる流れとでも言うのか、そういうものを作り出している一端はあのヒロミだからだと思う。
その流れって何よ?って言われたら言葉で説明できないんだけど、でも何となく分かる人には分かるはず。それがあるチームって成績的にどうこうじゃなくて、“強い”と思う。
それが東京にあるって思えるのはすごく嬉しいし、試合を通してそれを私に強く意識させてくれる。

これだけサッカーに触れている日常にも関わらず、自分の考えは感覚的にしか説明できないのだけれど。それでもこんな直感を大切にしたいと思う。

どういう結果に達しようと、すぐにそれには白黒を付けられない。
それでも今こうやって上に書いたようなことを思えるのは、ものすごく幸せなことなんだろうな。

We Love Hara Tokyo!!
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-11-25 17:57 | 青赤台帳
新潟戦
一泊二日・新潟グルメと勝ち点3だけに勝ちの種満喫旅行

a0025133_2036225.jpg


イタリアンを食べて
a0025133_21223768.jpg


タレカツ丼を食べて
a0025133_20411283.jpg


I BELIEVE!を堪能して
a0025133_20443831.jpg

梶山のギリギリまでそんなに焦らさないで相手を引き付けるパス

ササぁぁぁぁぁぁぁぁ!ゴール


…向こうのゴールポストには魔法をかけちゃったの♪
a0025133_2053292.jpg


この日のMOTは笹カスタード。じゃなくてササ・サルセード。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-11-24 21:25 | 青赤試合
千葉戦
a0025133_14205886.jpg

こんばんわ(^O^)
昨日はジェフ戦でした!!


なんて書ける空気ではないのは、これもいわゆるひとつの上位イジメ“第三弾”ということで。

1点目の梶山ゴールの後、アシストした今ちゃんはスパイクのヒモが気になったらしく、歓喜の輪を離れてかがみこもうとしたその後姿に軽い蹴りを一発お見舞いする憂太なんていうバカップルぶり。
2点目の阿部ちゃんゴールの後、後輩の栗澤には首根っこをつかまれて羽交い絞めにされるわ、喜んで向かってきたジャーンの衝撃でピッチに倒れるわ、そこから立ち上がろうとすると誰かに髪の毛をつかんで上に引っ張りあげられるわ。
試合が楽しければ、ピッチの中でピッチを離れたチーム内の人間関係相関図まで分かっちゃうんですね!

いやいや、繰り返しちゃいますが本当に楽しかった。
これからの残り試合のためにあえてひとつ注文をつけるとすれば…


試合後のハイライト、ゴールの映像を繰り返してくれるのはもちろんいいんですけどね。
この日一番のハイライトであり場内の笑いを一番取っていた大興奮でベンチにダッシュしながらぴょんぴょん、ガッツポーズを繰り返し続けてフレームアウトしていくヒロミも繰り返し流してくれなきゃダメじゃないのさ!

あ、あと最近来季の監督人事を語ったりするのが流行ってるみたいなので、限定物の化粧品とかに弱い私も語ってみます。
Q.今シーズンの成績からみて、来季の監督は誰がいいですか?
A.ヒロミ
Q.その理由を教えて下さい。
A.ヒロミが好きだから。
私が真面目に何かを語るというのは誰も期待していないでしょうし、ここは単純明快に監督同様に答えさせていただきました。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-11-21 15:53 | 青赤試合
次はジェフ千葉戦!!【巻系ブログ】
こんばんわ(^O^)
いきなりなんですけどもf^_^;今日はいつもとちがう感じで書きます!
ていうのも今度の日曜はジェフとの試合だから!!
今年はジェフに一回も勝ててません。。。
五月にリーグ戦、ナビスコ予選。んで、六月にもう一回ナビスコ予選。全部負けてます(>_<)
この前ナビスコ決勝を見に行って、ジェフは予選で同じ組だったし、去年はあの表彰台に東京の選手が立ってたのを思い出して…すごく複雑な気分でした(-.-;)
そういうのもあるし、何より今年このまま勝たないで終わるのは悔しいよねやっぱり!うん!
鹿島戦でケガした加地くんとかモニとか、どうなるかわからないけど、でもこういう苦しい時にみんなで力を合わせて結果を出せれば、チームが成長できると思いますし!
自分ももっとチームの勝利のために、一生懸命応援していきます!!
でもこういう苦しい時って、きっとそれを乗り越えられるからあるんだろうと思っちゃったんですけど…
私プラス思考なもんですみません(^_^;)
それに最近、先制されてもいい時間帯に同点にしたり、粘り強くなったと思うんだよね。
これって私もうヒロミマジックにかかっちゃってるな完全に(笑)
そういうことで、日曜のジェフ戦もがんばりましょう!!

あっ!!
今日は写真ないですごめんなさい(*_*)

*このエントリは、「東京青赤支店」の中の人「ONE FOR ALL~巻誠一郎のブログ~」を参考に、どうかジェフサポーターの皆さん怒らないで下さいと思いながら書きました。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-11-15 17:27 | 青赤台帳
鹿島戦
a0025133_038366.jpga0025133_0381465.jpg
・これもいわゆる一つの上位イジメ。
・神様仏様土肥ネ申様~!!
・今ちゃん消費税みたいな記念ゴール
・浅利の足から放たれたボレーシュート、いつかゴールに吸い込まれるのをこの目で見られるはず。社員の夢は皆の夢なのです。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-11-13 01:15 | 青赤試合
センチメンタル・マフラーの受付が始まりました
頬に感じる風の冷たさに、今年のカレンダーもあと2枚。
スタジアムでのマフラーが防寒の意味でも必要になってくる、そんな本格的マフラーシーズンに
満を持して登場のtokyo-boys12さんの「センチメンタル・マフラー」です!!

ナンバリングなしも実にシンプルでカッコイイけれど、ナンバリングありは幅広い番号に対応しているので「やっぱ2かな」と思いつつも…7とか8、28とか…浮気は甲斐性とばかりに迷っちゃうわけです。

デザインの詳細や申し込みはサイトから確認出来ます。

11/13(日)24:00までなので皆様どうぞお早めに。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-11-08 16:43 | blog
一年後の国立で
国立からの帰り道、ガンバのユニフォームを着た人から「おめでとうございます」と声をかけられました。私自身は至って普通の格好でしたが、ジェフサポーターの友人と一緒だったのでその言葉だったのでしょう。
突然のことで、ただ「お疲れ様でした」と返すしかありませんでした。

勝負がついたその後には、同じピッチに残酷なまでにハッキリと勝者と敗者が存在する。
どちらのサポーターでも無い今年は、去年思いもよらなかったそんなことをつくづくと考えていました。

去年を思い返してみると。
私の中では“無欲の勝利”で、タイトルが獲れちゃったよ!という感じでした。
フミタケさんが決勝の試合の前に言っていた「優勝すると、またその同じ経験をしたいと思う気持ちが強くなる」という言葉。そして試合後に言っていた「表彰台の階段を降りて来る時に、もうみんなまたやりたいねって言っていた」という言葉。
私の中ではそれを自分の思いとして強く感じたことは無かった。

それまでは他のチームが1番になる姿とかそのサポーターの喜びを「うらやましいなーいつか東京と私にもああいう時が来るんだろうか」というぐらいで。
でも昨日最終的に強く思ったのは、去年の決勝があったから「悔しい」「どうして自分のチームの為にあのG裏にいないんだろう」っていうことで。
フミタケさんの言葉が、一年後のあの場所でものすごく分かった。

これからも東京とともにいろいろな思いをしていくんだろう。良い事も悪い事も、たくさん。
チームを愛するってことは、この世の地獄も見れば、天国も見るんだろう。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-11-06 22:46 | football
天皇杯福岡戦・初戦突破
a0025133_020470.jpgまだ大学生だったその時に強烈なデビュー、そんな天皇杯で何かと印象深い阿部ちゃん。そんな阿部ちゃんが決して大きくはない体で跳んで、頼りになる頭で決めた一点目。
ノリオのFKは蹴る前の助走でさえも壁になる相手選手に恐怖心を与え、壁に当たって弾道が変わってもゴールに向かっているかのようで、キーパーの伸ばした手をあざわらうかのようにそのまま決まった時には、楽しくて大笑いしてしまいました。

というわけで予定通り、私も愛媛に行きますよ。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-11-04 00:49 | 青赤試合