こっちにもちょっぴしおバカな王子はいるもんね!
a0025133_17428100.jpg

そういえばローマ戦って朝日新聞の主催でもありましたね。で、今日の紙面にはトッティの「単独会見」が載ってました。
あの“つば吐き事件”についてトッティは、「あんなシーンは覚えていない。あれは本当のトッティではなく、別のトッティだったと思ってほしい」と問題の映像を見て語ったそうです。
(朝日新聞の記者には“つば吐き”には一切触れるなとのローマからのお達しがあり、あくまでもこれは伝え聞いた話みたいです)

そうか!!
「あんなシーンは覚えていない。あれは本当のモニ○ではなく、別のモニ○だったと思ってほしい」
なんて言えば、イタリア式おしゃれな発言とでもなるのか!

にしても、東京の紹介記事の小ささ。「若手の新戦力台頭」ですと。
「攻撃サッカー」が第1ステージは影を潜め、6位に終わった。それもそのはずだ。
日本代表にGK土肥、DF加地、五輪代表にDF茂庭、徳永、MF今野、石川と6選手を送り出す。連携不足が結果に表れた。
だが新たな力も出てきた。故障がちなケリーの穴を埋めたのは、20歳の馬場であり、18歳の梶山だった。ケリーも復帰してきた。
ローマ戦は、その6人が出場できない見込み。しかし8月3日までのスペイン遠征で鍛えた攻撃力をローマにぶつける。

これだけ!
なんか文章が支離滅裂だし、ビミョーな内容だなぁ…「それもそのはずだ」って言い切られても… 

どっちがちょっぴしおバカかプリンチペ(王子)対決が実現しないのが残念!
[PR]
by wabisabi2004 | 2004-07-28 17:05 | 青赤台帳
<< 巨大なゾウに噛みつく小さなアリ あんな鉄の塊が飛ぶなんて >>