Jユースサハラカップ2006 第14回Jリーグユース選手権大会決勝
a0025133_15431434.jpg
a0025133_15441075.jpg
FC東京U-18 0-2 サンフレッチェ広島F.Cユース(神戸ユニバー記念競技場)
81' 保手濱直樹(広島) 87'中野裕太(広島)

スタンドを彩るサンタ帽の、ひときわ元気に声を出し歌う集団の真ん中には控えに入れなかった選手たち。
トップの試合でお馴染みのコールや歌を、彼らは“味方を勇気付け敵をいなす”という応援のエッセンスをそのままに、
時には歌詞を変えてみたりして立派に仕切っていた。
微笑ましいその光景は試合終了が近付くにつれ、涙をぬぐいながら目を真っ赤に腫らしながら、それでも懸命に声を出し歌う姿へと変わっていった。

ピッチの中の選手も、そしてスタンドの彼らも、あの時迫り来るそれぞれの現実や結果と戦っていた。
そんな彼らに「よく頑張った」「これからがある」なんて簡単には言えなかった。
この試合は他のどの試合に取って代われるものではなく、この試合だけでしかなかったのだから…
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-12-25 15:50 | 青赤試合
<< 高円宮杯 第18回全日本ユース... 世界一のクラブ >>