PSM・FCソウル戦
a0025133_21232887.jpg
FC東京 0-3 FCソウル(ソウルワールドカップスタジアム)
'2 ドド '84 ドド '89 ジョン ジョグック

日本から約3時間空を飛び、日本と変わらない重くのしかかってくるような蒸し暑さの中、
遠方“アウェー”の楽しさの限りを尽くすために、食べる・飲む・買う。
スタジアムに着いてみれば、立派過ぎる箱に、この日の為だけに作られた立派な垂れ幕。

それでも中に入れば、挨拶してコンコースで車座になって話しているのはいつもの知った顔ばかり。
…ここってどこの味スタ?
そんなわけでいつものように声を出して歌ってコールして。
プレシーズンマッチの特別感は“キャンプファイヤー”が演出してくれました。

試合後にこちらのゴール裏までやって来たチェ・ヨンスが、私たちからナオを通して伝わった“シャー”を楽しそうにやっている姿を見て。
その笑顔など想像出来なかったのに、彼はあの時の笑顔とともに私の中に残ることになったわけだ。
それはそれで、素敵なことですよね。

母親のようにあれやこれやと世話してくれた飲食店のおばちゃん、こちらの話を全く聞こうともしないタクシーの運転手のおっさんがいると思えば「日本語を勉強しています」と恥ずかしそうに微笑みながら話す若い運転手がいたり。
繁華街には人々が溢れていて、無料試合と言えども6万人が詰め掛けたスタジアム。
そこには他人を拒絶するのではなく、他人を巻き込むような熱気がありました。

その力強さに触れて、「東京もまだまだ死んじゃいない」と思いました。
正確には「死んでたまるか」「死なせてたまるか」って感じですけどね。
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-08-09 23:56 | 青赤試合
<< 第17節・浦和戦 第16節・広島戦 >>