第11節・甲府戦
a0025133_17184987.jpg
FC東京 3-1 ヴァンフォーレ甲府(小瀬スポーツ公園陸上競技場)
'62 川口 信男 '76 ルーカス '89 ルーカス '29 宇留野 純

盆地は舐めたらあかんぜよ。ということでお肌の曲がり角をとっくに越えているため化粧下地はSPFなんちゃらを選んで帽子も被って、と対策バッチリでしたが。
「Tシャツ一枚でも暑いね~まるで夏だね~」って浮かれてたら腕にTシャツの袖通りに境界線が!
…ありがちだよね~

そんな中で飲んだビールは最高。あれだけの行列に並んで買えたビールだからこそ、わざわざあの暑い中で飲むからこそ最高。いろいろなことを楽しむのがアウェーってもんでしょ。
とか書いておきながら私が飲んだビールは根気強く行列に並んだ友人が買ったものでしたけど。
はい、偉そうなことを書いてごめんなさい。

前半の失点後はビール半分(ごとき)でアタシ酔っちゃったかしら今晩は帰れなぁいっていうぐらい眠くなってしまいました。本当にG裏で立ちながら寝てたという不届き者の友人もいた。
いやいやいや、これはきっと“盆地対策体力温存サッカー”に違いない!と信じて後半。
最初の方こそ前半の勢いそのまま押し込まれるものの、ノブオさんゴールから流れがなんだか東京に来て、その勢いを逃さないままルーカスのヘッドときれいなシュート。

2点目にご満悦なルーカスは、自分の歌に合わせて楽しそうに踊るようにリズムを取ったり。
試合後のノブオさんは、ユニのエンブレムを引っ張り上げてこちらに見せながらその笑顔が眩しくて、こんな人を磐田は今までどこに隠してたんだ!と思ったり。
終わってみればこの日の快晴の空のように、爽快なアウェー初勝利でした。
うわっものすごく上手いまとめだ。
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-05-04 19:39 | 青赤試合
<< 第12節・大宮戦 第10節・名古屋戦 >>