第10節・名古屋戦
a0025133_13235185.jpg
FC東京 2-1 名古屋グランパスエイト(味の素スタジアム)
'14 ルーカス '17 ルーカス '88 吉村 圭司

自陣ゴール前でスライディングしてボールを獲ってそのまま立ち上がりくるっと向き直ってドリブル、ライン際でのスライディングでさえも時が止まっているかのようで実にエレガント、3人ぐらいに囲まれてもヌルリと(スルリと、じゃないのよ)抜けて、プレーが止まっている間には赤嶺くんに激しい身振り手振りで指示する…
贅沢な事を言ってしまえば2点決めなかった“だけ”だった梶山。

プレーのプラスとマイナスの幅が大き過ぎて、それでも東京一筋の梶山しか持っていない何かに未来を見続けて、それがしっかりとした確信に変わるその瞬間。
この試合を見に来られて幸せだな、と心から思いました。

ノブオさんは交代する時にピッチの中を向いて手を叩いて味方を鼓舞し、フミさんのエンブレムを叩いてさすが正統派のシャーを2回、なんていうのを堪能し。

かと思えば。
代表FW争いに名乗りを挙げさせるべく前半終盤の攻撃の場面での“ボールは全部モニに集めてぇ!大作戦”とか、自分が早過ぎるリチェーリがボールを見失っちゃったり最後のシュートの打たなさっぷりは相変わらずの東京なのね、と笑える始末。

とにもかくにも今は勝利の余韻に浸ればいいじゃない、5月2日までは。
試合後にいつもの仲間といつもの場所に飲みに行って、帰りの人影もまばらな京○線で一両貸切状態だったから車内で集合写真撮っちゃったよ。
…久しぶりの勝ち点3って人を狂わせるのね。
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-04-30 14:34 | 青赤試合
<< 第11節・甲府戦 ナビスコ予選第3節・横浜戦 >>