第9節・G大阪戦
a0025133_1829020.jpg
FC東京 0-1 ガンバ大阪(万博記念競技場) '35 マグノ アウベス

芝生からコンクリ・手すり付きの立見席になったG裏。一番上からだとけっこう試合が見やすい。
見やすいから見たくないものまで見える。前半の最初の方こそ東京のペースでいけたものの、そのうちにサンドバック状態でやられ放題。だめだこりゃ。
そうこうしているうちに、ガンバよそこは決めなあかんやろ!ってゴールは決まらず、一番決めるのが難しそうなマグノアウベスのゴールは決まるのね。

後半になって赤嶺くん・小澤くんが交代で入り、希望のきの字も見出せなかった試合がなんだかワクワクハラハラドキドキする展開に。
ノブオさんに赤嶺くんに小澤くんの3トップって、命を懸けてボールを追います!ケガしようがなんだろうがボールに飛び込みます!ものすごい形相で相手に喰らい付きます!というオーラを発していて、3人のプレーの度に「うわ~泥臭ぇ~」という訳の分からないことを叫んでいました。

それにしても、赤嶺くんは初出場の時よりうまくなっている気がするし、小澤くんの大物ぶりったら。
知り合いの方によると手を叩いて味方を鼓舞していたと言うし、技術的なものはやっぱり最近の子ってレベル高いのね。
そのスイス帰りの高卒ルーキーの危険度に、本気で二人掛かりでスライディングする日本代表の大人気ない5番と7番はさすがだ。で、小澤くんの面構えは「まぁ次はどうなるか分からないけどな…ふはは…」という不敵さがあると思う。

そして、諦めずにボールを追いかけ、ラインを割って相手ボールだと思い込みきっちりとライン上にボールをセットしてダッシュしてピッチ内に戻るけどマイボールだからノブオさん、相手ゴールキックの時にも早く蹴れと言わんばかりにボールをセットしてあげるノブオさん。
プレーで気持ちを表すその姿勢に熱いものを感じながらも、なぜかちょっと和んでしまうのはなぜ?

なんだかんだ言ってそれなりに見所があったかも、って思ったのが誤魔化されているとでも言うなら、誤魔化される材料がまだあるだけいいんじゃないの?とでも言っておこう。

a0025133_20234674.jpga0025133_20235783.jpg
そして誤魔化すように大阪で食べた美味しいものの写真を貼っておきますね。
[PR]
by wabisabi2004 | 2006-04-23 20:25 | 青赤試合
<< VAMOS!TOKYO!!FC... 第8節・千葉戦 >>