名古屋戦
ハーフタイムには普通にあくびが出ちゃいました。
でもね、自分がいるG裏の良いところは、試合の内容がどうであれ、声出したり歌ったり跳ねたりすることで、少しでも何か変わるんじゃないかって気分に多少無理矢理でも(笑)なるところかなぁと思ったんです。

今ちゃんが追いつきそうもないボールを猛然と追って相手に懸命にくらいついて、CKのチャンスにしたのには涙が出そうになって。
「試合は終了の笛が鳴るまで何が起こるか分からない」っていう当たり前のことを思い出しました。
ゴールに向かって点を獲ろうとボールを放たなければ、ミスさえ生まれなかった。
中途半端な遠慮や偽善は失礼だから…楢崎、ありがとう。

私は超・楽観主義者なので、まだ東京には運がある、と思いました。
運も実力のうち??それとも、チャンスの神様は前髪しかない??
…それはまだ分かりません。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-08-25 12:27 | 青赤試合
<< 磐田戦 浦和戦 >>