ナビスコ予選・大分戦
選手が「どうしよう、どうすればいいんだろう」って思ってるのが私たちにも伝わってくる。
選手が「どうにかしたい」って思ってるのも伝わってくる。
でも試合終了まで何か形にすることは出来なかった。
今日の試合はそういう感想。

もちろんイライラした時間帯もあった。でも見所もあった。
敵ながら気になる岡中のGK、栗澤の囲まれながらのあのシュート。梶山のスルリ・ヌルリキープもあった。 宮沢が今ちゃんなみにガツっとボール奪取、石川なみにサイド駆け上がる、なんて場面もあったと思う。
特にノリオの相変わらずの威力のFK。清々しい気持ちになった。

試合中に家でMXを見ている親から携帯メールで「阿部が、東京のサポーターが好きなので、あまりブーイングはしないでほしいってよ」なんて言うのを送ってくる。
(どうやら前田さん情報らしい)

試合中に起きた愛情たっぷりのブーイング。試合後の愛情たっぷりすぎる“どうにもならないこの想い”。応える阿部ちゃん。
阿部ちゃんは阿部ちゃんで何かを掴もうとして頑張っているのだ。大分のサッカーが彼にとってどんなものか、なんてサッカー的なことは私には分からない。
阿部ちゃんらしく頑張れ。ただそれだけ。
一年後のことはその時に考えればいい。

そうだ、俺たちのモニ。力強いドリブル(まがいの何か)を披露したり、前線にもっと動け!もっと上がれ!というような声を張り上げたり。
試合後のG裏には誰よりも早く来て、皆が整列したかを確かめる姿は土肥ちゃんを彷彿とさせた。
それまで黙って何も言わずに見てたんだけど、その姿を見て思わず次、頼むよって感じで拍手。
…惚れ直したぞ(笑)
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-03-27 01:21 | 青赤試合
<< 言葉の魔術師 阿部ちゃんと呑むお酒 >>