トーキョー ワッショイ!読みました
a0025133_22534941.jpg*「トーキョー ワッショイ!」~FC東京 99-04 REPLAY~

私が東京と出会ったのが98年のJFL最終節なので、この本に書かれている出来事は、幸運なことに自分が東京とともに歩いてきた時期と重なります。
自分が行った試合は記憶が呼び起こされるように、行かなかった試合はその場の空気を少しでも感じているかのように、一気に読みました。

どんなに小さな出来事でもその一つ一つが今の東京を作っていて、どれも欠かせないものではあるけれども、その場にいなかったのなら分からないし知らない。
だからこそ、その場にいて分かりたいし知りたいから、東京の試合にどこまでも(!!)出かけていったりするんでしょうけど。

読んでいて何より嬉しかったのは、ただ単にFC東京という“あるJリーグチーム”を通して見ていたのでは記憶にも記録にも残らないような、そんな小さな出来事まで丁寧に書かれていたこと。

以前のエントリーで書いた「フガフガいいながら、メインの高い席でG裏を眺めて東京の歴史を語る、伝説の婆ちゃんサポーターになってやる!!」という私の野望は至極真っ当なものだと、この本を読んで改めて思いました。
うん、私も「死ぬまで東京」なんだと思います。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-03-17 22:53 | 青赤台帳
<< 第二弾プリンチペ(王子)・ダービー 広島戦 >>