姐さんが教える「できる男」「できない男」
a0025133_14165824.jpgあら、お久しぶりね。ご機嫌いかがだったかしら。
え?ずいぶん長い間休んでたって?そうなの、ほらオフシーズンっていうヤツよ。
そろそろシーズンも始まるしね、私も眠らない街に戻って来たってわけ。来週からは泣いたり笑ったり、そんな忙しい心の安息場所を求めて街を彷徨う人もいるでしょうしね。
そう言えばね。昨日の試合を見て少し考えるところがあったのよね…




昨日が今シーズン初の東京の男たちに出会う人も多かったでしょうし、スタジアムは熱気に溢れていたわ。本命と浮気相手に会いたいが為に小平に通っていた私でさえ、やっとシーズンが始まるっていう浮き立つような気持ちを抑えられなかったもの。

愛と憎しみは紙一重。東京の男たちを愛するが故に、昨日のような試合を見せられて自分自身の不安定な心をも彼らにもぶつけてしまう…
分かるわ、私も昔は…愛は傷付け合うものだと本気で信じていた時があったわ。

でもね、両手では数え切れない程の経験を重ねてきた私じゃなくっても分かってることだと思うんだけど、そんなことをしても何の解決にもならないのよ…

よくお店の女の子にヒモみたいな男に捕まってどうすればいいって相談を受けるけど、そういう場合みたいに愛する人の為に時に厳しくしたり突き放すっていうことは大切だわ。
でもそれは時期と場所を間違えると効果が無いの。効果が無ければ男は逃げていくだけ…あ、なんだか話が違ってきてしまったわね。
とにもかくにも、“新しいことに挑戦しなければ進歩無し”っていう彼らの姿勢を後押ししてあげるのは私たちしかいないんだから。お店でモテるのはやっぱりそういうツボを心得ている男ね。
あ、急にメモを取り始めたわね…

たぶんこの考えに同意出来ない人もいると思うわ。昨日は有料のPSMだったんだから、とかSOCIOだから、とかプロなんだから、で厳しく言うのは当たり前だと。でもね…
お金で心は買えないのよ。あ、良いこと言ったんだからメモしてメモ。

これアナザーちゃんにしても同じ。実を言うとね、あの人、ちょっとやそっとの金額じゃなびかないのよ…
さっきの話にも絡んでくるけど、きっと彼の行動は愛憎入り混じってのことだと思うわ。彼だって人間だもの。最初に失敗して私たちに嫌われちゃったもんだから、逆に気を惹こうとしてあんなツンケンしちゃうみたい。そこをお金で解決しようとすると余計意固地になっちゃって。
これに関しては私が間違ってたわ…それに昨日、気が付いたの。

だからね、相性が悪いって思ってる他の審判ちゃんたちもそういう気持ちだったりするんじゃないかしら。ここは一つ、大人の余裕を見せて普通に接してあげましょうよ。そしたら今までの態度とのギャップにもクラクラきちゃって、案外コロリと落とせるかもよ…うふふ。

そんなわけでね、一番大事なのは雰囲気作りとか、心からの言葉なのよ。基本的なことなんだけどこれが難しかったりするのね。でもそれが出来れば間違いなく「できる人」よ。

…こんな感じでいいかしら。あ、ちょっとツケはきかないって前から言ってるでしょー。
[PR]
by wabisabi2004 | 2005-02-28 14:14 | 青赤台帳
<< お酒も“若い子”が好き PSM・川崎フロンターレ戦 >>