東京は庶民派No.1を目指しています
a0025133_2336551.jpg

       相手は今ノリノリの ホストクラブ 赤い悪魔 のNo.1とNo.2の出勤風景

でも 僕達は わかっていたんだ
スタジアムが 黄昏に染まる時 
a0025133_23473448.jpg

    初めて東京に来た 修学旅行生並みに はしゃいでる 彼らが あの日 歴史を作ることを
    *どちらもJ's GOALの前夜祭風景より

新しい 伝説が 生まれることを… 
a0025133_2358161.jpg

              スター○ックスでもタ○ーズでもなく、ドトールです。
a0025133_081118.jpg

                     歌舞伎町もいいけど、小平もね。
a0025133_014516.jpg

                     「いまは、まだ夢の途中です。」*朝日新聞一面広告より

1個目のタイトルで、通過点に過ぎないと言うけれど、だからこそちょっと立ち止まって考えてみた。

カップも1億円も100万円も、選手達が誇らしげに掲げているのを見るのは本当に嬉しかったし、そこには東京を取り巻く全ての人の最高の笑顔と涙もあったし。
でもそれは昨日今日で急に作り上げたものじゃない。
上ばかり見て、気が付いたら足元が崩れていた、なんていうのは似合わない。そうしてこなかったから、今の東京があるような気がする。

このタイトルをきっかけに、何か変わらなければいけないとは思うけれど、変えちゃいけない部分もたくさんある。それが何か分かっていれば東京は大丈夫だし、それが何かを分かっている人が東京にはたくさんいる。

とりあえず、これからも変わらずドトールでお願いします!
★ナビスコ優勝(藤山竜仁オフィシャルWEBサイト)
[PR]
by wabisabi2004 | 2004-11-10 23:28 | ナビスコ2004
<< ネタ打ち合わせ中 東京天然ネタ系代表 >>