ナビスコ決勝浦和戦(2)~そして試合は始まった~
実は試合が始まる直前までお腹を壊してしまいトイレとお友達。緊張してたみたいです…
G裏には「はじめてなの…やさしくしてね(はーと)」なんてゲーフラがありましたしね。
a0025133_2275711.jpg
選手入場時に掲げたプラカード。私は赤担当でした。
これはフロントが用意したとの噂ですが、「vs URAWA IN TOKYO」ってカッコイイ。
掲げた下にいたので、青赤+アルミホイルをダンボールにかぶせて作った巨大ナビスコカップがキレイに見えているのか不安でしたが、
パパのぶつぶつ…さん
のところで大成功した写真を見て安心しました。
多くの方が書いてらっしゃいますが、G裏は笑いあり・笑いあり・熱いものもありって感じですっごく楽しかったです。
何と言っても「♪T・O・K・Y・O」は最高!これをやり始めたら報道陣が集まってきちゃうし。載せられるような分かりやすいネタじゃないよーって突っ込んでおきました。
「月に代わってお仕置きよ~」って問題になった企業にお仕置き宣言したりとか、男同士のニセ結婚式も見られたし(南米とかでは初のファイナル進出だと結婚式やったりするらしいです)、ナビスコ杯を獲る為には製品も愛そうということで「♪オーレーオレオレオレー オレオー オレオー」の合唱とか。このころになるともうすっかり緊張とはオサラバ。あのG裏の雰囲気があったからこそリラックス出来ました。
こうマジメじゃないところが東京ですね。この東京応援文化は語り継ぎたいですね。

試合が始まり、むしろ東京ペース。浦和の迫り来る恐さが無い。
これはイイ!と思い始めたらジャーンがエメルソンを突っかけて2枚目のイエローで退場…ごろごろ転がっていくエメルソン。レッドを突きつけられたジャーンは顔を覆って膝を付いてしまう。

もうその瞬間にジャーンが泣いていると分かりました。自分がこの決勝の舞台から去らなければならない、しかも残り時間がこんなにあるのに…ただただ絶望感だけで地面に突っ伏すしかない様子がはっきり見えました。
サポーターでもそう思ったのだから、選手達はもっとひしひしとその気持ちを感じたのでしょう、東京の選手ばかりでなく浦和の選手もジャーンの肩を叩いていました。

G裏からは悲鳴にも近いジャーンのコール。私は去っていくジャーンに対して「大丈夫!絶対勝つから!」と思わず叫んでいましたが、正直何が大丈夫なんだ、どうして勝つなんて言えるんだ、と思いながらも言わずにはいられませんでした。

でもここから選手もサポーターも「ジャーンのためにも勝たなきゃ」という気持ちが生まれて、それに向かって一心不乱。そのうち何に対して戦っているのか、浦和という敵だけでは無くて、ここまで来たら“あれ”を獲って帰らなければ今までの自分達が無かったことにされてしまうような気がして、楽しむとか書いた割には絶対勝ってやる、と思ってました。

で、ここからあんまり細かい事覚えてません。必死でプレーし続ける選手を思って、何度も座りたくてしょうがなかった体に鞭打ち、飛び跳ねて声を出し続けたこと。いつもの東京を見るかのごとく浦和が決め手を欠いてくれて、決定的なシュートを止め続けた守備陣だけでなく攻撃陣。もうあそこまで行くとウチからは点は取れないなって思いました。部活サッカー、腐ったサッカー、結構結構。私は何か華麗なものが見たくて東京サポーターやってんじゃないんだよ。って私は誰に言ってんだ?

ただ梶山がいつも通りにスルスル~フラフラ~みたいなプレーしてたのには笑ってしまいました。一人だけ異次元にいっちゃってる理解不可能なプレーもしてたし。

延長に入り、これでヴェルディ戦みたいにVゴール決まったら間違いなく失神?なんてそうは上手くいきませんでした。この頃になるとフツーに気分悪くなってきて私が先に力尽きるかも、と思い始めました。
でも攻め続けられてる東京がVゴールを決められるとはあまり思えない展開。もうここまで来たら土肥神に任せるPK戦に持ち込むしかないのか!と思ったらそうなっちゃった。
ええ~テレビでPK戦見てるだけでも吐きそうになるのに…でも試合中に当たってるGKってPK戦強いよね、って思ったところで浦和の山岸も石川の決定的なのを止めてたことに気が付き、また胃が痛くなり…

トゥーリオは外してくれなかった(さすがだわ)。田中達也がバーに当てた時はまだ喜ぶなと思いつつもガッツポーズ。東京の選手達も喜んじゃってるよ。
しかし絶対決めると思ってた梶山が止められる。でも頭をくしゃくしゃしながら戻る後ろ姿に少しキュンキュンしてごめんなさい。そんな梶山にルーカスが駆け寄っていったのにもキュンキュン。
そんで土肥神が山田を止めた!止めた後の雄叫びがカッコよかった。土肥ちゃんは延長の前にG裏煽ってたし、熱いです。
次5人目決めれば勝ちでしょ!?で、誰?歩いてくる加地くんが一瞬モ二に見えて(坊主で見分けつかず)それはマズいと本気で思ってしまったモ二マニアなのでした。加地くんは絶対に決めるだろうと思いました。

決まった瞬間、気が付いたら叫びながらそのまま崩れ落ちちゃって誰かに助け起こされるわ、前にいたカワイイ女の子と二人して号泣しながらしっかり抱き合っちゃうわ、もうワケ分からん状態。隣にいた友達が行方不明になってしばらくして「下に行って来た~」って戻って来たけど、いつの間に…

スミマセン、長過ぎますね。でも>>続く。(笑)
★土肥お父さんと子供達(Yahoo!ニュース)
[PR]
by wabisabi2004 | 2004-11-04 22:07 | 青赤試合
<< ナビスコ決勝浦和戦(3)~優勝... ナビスコ決勝浦和戦(1)~長く... >>