もう一人のまゆげくん
東京の“まゆげくん”と言えば梶山。実はもう一人、隠れた“まゆげくん”がいるのです。(私が勝手に認定しましたのであしからず)
a0025133_23101537.jpg塩田ってけっこう髪を明るめの色に染めてますが、練習場のファンサービスでサインをもらう時、まゆげもちゃんと同じような明るめの色に染めてるのを発見。
この人の良さそうな笑顔(182・Tokyo Maniaより)があるので、まゆげをいじってようが「男のくせに」なんて不思議と気にならないですね。
梶山と仲が良いみたいですし、二人で今日のまゆげどうよ、なんて話してたりして…

そんな塩田はここまでナビスコの東京ゴールを守ってきました。今ではすっかり頼もしくなった塩田が13日もゴールを死守してくれることでしょう!で、この笑顔が見たいなぁ。
★『俺たちFC東京・塩田仁史のダイアリー』<大学を経てプロの世界へ>
[PR]
by wabisabi2004 | 2004-10-10 23:09 | 青赤台帳
<< こんなところにもあんなところにもモ二 準決勝に向けてのハードワーク >>